2012 note 2013へ  


2012・10/11

 今日から、ダイエットに関して思いついたことを書き出してみます。
 始めにどういう計画にするか、
 今年3月頃から始めましたが、とりあえず1年にしました。
 ・ウエイトを65キロにする、内臓脂肪をとってウエストを引き締める。
 若い頃と違い そうとうな困難と思い、時間をかけてゆっくり、根気よくやることにしました。
 まずは運動と思い 出来るだけ毎日40分〜60分、
 ウオーキングと スロージョギングをまぜて始めました。
 トマトスープ レシピ  (分量は各自調整して)
 トマト缶 鶏肉(ささみか胸肉) キャベツ ニンニク 鷹の爪 オリーブオイル セロリ
 を少し煮込む 飽きたら いろいろアレンジ
 一日3食の内、1食を食べるトマトスープに。
 最近はあきたので、
 
大豆 レシピ
 大豆をフライパンで炒る(10分ほど) その後 水に砂糖 醤油を少し ちりめんじゃこ 
 フライパンにふたをして煮た後、水分を飛ばすと完璧、めんどうな時は炒り大豆をつかう。
 豆腐をタオルでグルグルまき冷蔵庫に入れ重しをかける。
 ・毎日、体重を量り記録をつける。
        とりあえず、今日はここまで


2012・10/12

 いろんな健康食品とかいっている やせ薬、じつは僕もいろんな薬をためしてみましたが、
 全てといっていいほど何の効果もありませんで した。
 厚生省のコメントにもありましたが、そういう薬は世界中でまだ出来ていないということです。
 ほとんどが詐欺のようです。 それにしても体脂肪というのはなかなかの強敵ですね。
 若いころウエイトコントロールはこんなに大変では無かった様に 思いますが、
 時間をかけて根気よくやるしか無いですね。
 今年3月頃から始めて7ヶ月になりますが、
 3ヶ月はいろんな努力をしているのにほとんど何も変わりませんでしたが、
 今は4キロ減とウエストは12cm〜15cm減で、今のところはまず 順調と云えるかもしれません。
 炭水化物・糖質・脂質・アルコールなどを避ける のは当然です。
 普通、うまい食べ物というとだいたいがカロリーの高いものが多いですが、
 和食は外国料理に比べ最もヘルシーで、なおかつ 美味しいですね。 日本人で良かったなと思うところです。
 食べたいものをあまり我慢するのも逆に良くないそうです。
 話題のタニタ食堂の情報ですが、一口ごとに箸を置く といいそうです。
 それだけでタニタの社員にメタボはいないそうです。

2012・10/14

 先週まで暑い日がつづいていたのに、朝晩 急に寒いほどになってきました。
 こういう時ほど運動をしないといけないのでしょう。
 体のテンションが下がってなんかだるいような感じですが、
 スポーツウエアーに着替えて表に出ればなんとかなるでしょう。
 このところ半分は玄米食にしています。 いかにも穀物を食べている感じで気に入っています。
 NHKの朝の番組でドローイングという痩身法をやっていました。
 お腹周りの横隔膜のもう一つ内側の筋肉を引き締める というものですが、なかなかよさそうです。
 説明が少し難しいのでNHKの朝番ドローイング とかで検索してみてください。
 僕は、ウオーキングの時、お尻の穴をしめ 手を後ろに振る ように意識してやっていますが、
 ドローイングとあわせると いいようです。
 運動は 食事前のほうがいいみたいです。

2012・10/25
 先週、何故か体がだるく少し気を緩めてみました。  
 結果どんどんテンションも下がりますます調子が悪くなって来ました。  
 すると胃の中に誰か居るようで、お腹がへった! とか、運動はしたくない! とか、
 体がだるい!とか、勝手なことを言い出しました。  
 これはいけないと思い、今週からまた運動をはじめました。
 ダイエットをするというのはまさに自分との戦いと思いましたが、
 ふと仏陀の云った中庸ということを思い出しました。
 最近、全てを肯定する ということにはまっていますが、
 否定して戦うのではなく、胃のなかの自分も理解し中庸の道を探す、これかな!!
 このところさすがにトマトスープに飽きたので、具たくさんの味噌汁にしています。
 僕の好みは西京みそに八丁味噌を少し入れます。
 今朝、久しぶりに白米を食べてみました。まったくなんという美味しさでしょう。
 炭水化物を控えていたので、なおさら美味しく感じるのでしょう。
 最近の美味しいものといえば、ほとんどが高カロリーの料理が多いように思いますが、
 和食はダイエットに最高です。

2012・1/6
 先週、突然、左耳が聞こえなくなってしまいました。  
 これから精密検査をしますが、まさかダイエットの影響ではないと思いますが、
 生きていると日々いろんなことが起こります。
 最悪の場合、右耳は聞こえるのでなんとかなるでしょう。 ハ・ハ・ハ!!  
 ダイエットといっても、僕はけっこう好きなものを食べています。  
 今日の昼のレシピ、うまいベーコンがあったので ごぼうとソテー   
 バルサミコ酢を煮詰めソースにする、ついでにホースラディッシュも。フランスパンと白ワイン。
 時々、僕は料理の天才かと思う。
 かんたんにすごくうまいものが作れてしまう。
 若い頃、忙しくて睡眠をとるのでせいいぱいだったので食欲どころではなかったけれど、
 ある時、大変悲しいことがあって3〜4日なにも食べていなかったので、
 道端の食べ物屋に入って食べたところ、あまりの不味さに哀しみが10倍にもなってしまいました。
 すぐに美味しいものを食べにいきましたが、それからは食べ物って大事だなと思う様になりました。

2012・1/9
 突発性難聴ということで、今日から入院ということになってしまいました。
 ステロイドの点滴治療をつづけていますが、今のところまだ効果は現れていないようです。
  困りました・・・・・


2012・1/10
 昨日からの退屈な入院生活、暇なので最近考えていることを書いてみようかと。
 この病院にも、今話題のタニタ食堂があるようです。
 昨日行ってみたら もう売り切れで、皆 定食を予約しているらしく随分人気があるようです。
 病院食を一食、食べてみましたが、解凍のうすい塩味のサワラにまずい大根の煮物しかも chou薄味。
 まずいご飯に、またもや薄味のほうれん草のおひたし。
 もちろん、すぐに入院食みんな断りました。
 今時の病院ってお金も随分と高いんだね、それでこのまずさだからタニタが人気があるのが当たり前だ!!
 もちろんタバコの吸える所など何処にも無いし、夜は脱走しようにも、みんな鍵がかけてあって、
 だんだん腹が立ってきて強面の顔になり、守衛に散歩するからと開けさせましたが、
 そんなこんな思っているうち、こういう病院のシステム全てが気に入らなくなり、
 まっすぐに何処までも続く灯りの消えた病室をみていたら、まるで刑務所のようにみえました。
 将来、僕が病気になって死ぬことになっても、こんな病院のシステムに管理されて死ぬ のは嫌だ!
 製薬会社とつるんで大量の薬を患者に投与して、高いお金を医療保険からも取って、
 こんな金のかかった病院を維持していくのは、ずいぶんと沢山のお金がいるだろうね。


2012・1
/10 20:40
 ついに切れて、看護婦長らしきおばさんをどなりつけ病院を出てきました。
 5時でタニタも終わり、しょうがないので不味い病院食をトライ、やはり哀しくなるほど不味い。
 看護婦に、この夕食いくらなの 1800 と書いてあるけどこんなものが1800円もするの? と聞いたところ、
 いえそれは1800カロリーですという、じゃあこれはいくらなのと聞くと200円ですという。
 200円 〜 俺は3万円ほどの部屋代を払い200円の夕食を食っているのか!!
 僕のように片耳がきこえないだけではなく、重病人や、
 今 死と向かい合っている人達もこれを食べさせているのか、
 原価はいったいいくらなんだ!!  
 ばかばかしくなり7時30分頃 タバコを吸いがてら2階のコンビニで夜食を買い、
 軽く何か食べておこうと思ったらコンビニはもう閉まっていた。
 表のコンビニに寄り、 8時30分頃戻ってきたら 鍵がかかっていて病室フロアーが開かない。
 又、下に降りて警備員に6階が開かないと云うと、
 平日は夜9時までですが、土・日は夜8時30分に閉まるという。
 インターホンで開けてもらってくださいとのこと。
 やっと中に入りナースセンターの前を通りかけると、眼のとんがったおばさんが、
 表に行くなら、ちゃんと申請書を出して行ってください と、えらく嫌な感じで云って来た。
 病院のすぐそばのコンビニだよ、そんなもんに申請書?
 それから土・日はお休みの先生の承認もとらないといけません だと!!
 僕は、ひさしぶりに切れたね。
 病院のシステム、看護婦のいいぐさ、土・日は病院に医者は一人も居ない。
 窓も開かない病室に夜8時30分から朝8時までカンヅメ。
 あげくのはてに側のコンビ二に行くのも申請書を出し、
 サラリーマンのように休んでいやがる医者にお伺いをたてろだ!!
 おばさんを怒鳴りつけ、部屋へ行き2分で荷物を詰め病院を後にしました。
 若いすこしデブちゃんの看護婦が、帰られるのですかー と哀しそうに・・ 帰る!!と僕は答えた。
 家に帰っても、どうにも腹の虫がおさまらない。
 酒でも飲みたい気分だけど、 ステロイドが入っているので我慢して表を歩くことにした。
 やみくもに歩いていると酒屋があって、エイ中庸だ とじぶんに言い訳をして1合だけ久保田を飲んだ。
 1時間ほど怖い顔をして歩いていたでしょう。
 ふと空を見上げると、 今夜は東京ではめずらしく満天の星空。
 真上には、多分僕の好きな大きな金星、北斗七星も。
 いっぺんに心が透明になった。


2012・1
/12
 あの病院を出て来たらじつにスッキリ。
 あそこでは治るものも治らない と実感。
 おもえばスタッフみんないい人達と思ったけれど、 何処かみんな暗い感じがあったように感じました。
 組織やシステムに問題があるのでしょう。
 昨日支払いに行きましたが、やはり病院の雰囲気はどこか暗く、
 それでも若い担当医が10日間ぐらいの薬を用意してくれていました。 感謝・・・
 まだまだおかしいと思うことは沢山あるけど、日本はこれからどんどん良くなると思う。 新しい時代だね。
 早速トレーニングを開始。もちろん、かるーく かるーく
 子供の頃からぼくのきわだった性格で、何か始めだすと、とことんまでやらないと気が済まない。
 夢中になってきたら、少し気狂いのように思われることは度々。
 最近、体のトレーニングはもちろん、ギタートレーニング Voiceトレーニング 他 
 トレーニングするものは何か無いか物色中。
 すっかりトレーニングマニアになっているようです。


2012・11/14

 少し寒くなり、秋が深まって来た感じ。 耳はまだ変化なし。
 だいぶ噂が広まったらしく、いろんな人から心配の電話をもらい、昨日 安藤和津から電話があり、
 私も前にステロイド治療を受けたことがあるけど、食欲がとまらず過食症になった と云っていました。
 そういえば思い当たることがあり、気をつけないと。
 若い頃から、体のバランスには多少 気を使って来たつもりですが、
 おかげで今のところ大病もせずに来れましたが、さすがに64歳ともなればいろんな気を使っておかなければと考えています。
 ただ、今の所 若い頃からそんなに体力は落ちていないと自負しています。
 60歳を過ぎてからの方が人生は楽しくなってきています。
 19歳のころ 川添史郎という人に出会い、60歳近かったと思いますが、 尊敬もし 憧れの男でもありました。
 不思議な縁で息子のように可愛がってもらいました。
 亡くなって随分たちますが、いまだに父であり僕の鏡でもある存在です。
 このノート、ダイエット以外にも少し脱線しようかと考えています。
 パソコンで文字を打ち込んでいるうちにだんだんと面白くなってきました。
 友人から、きみの書く文章はなかなか面白いと誉められたこともあり、その気になってみようかなと思っています。
 僕は今まで自分のことをあまり人に話したことがありません。
 子供の頃から、話したところで理解されないことが多々あり、黙っていると変人と思われることも多かったようです。
 でも自分では、いたってノーマルだと思っています・・・
 ただ、僕は子供のころから好奇心が異常に強く、体験主義でもありました。
 未だ変わっていませんが、普通みなさんが経験しないようなことを沢山経験してきました。
 多分、みなさんが面白いと思われることが多くあるように思われますので、
 脱線しつつ、寄り道しつつ、思いついたことを打ち込んでみようかと思っています。
 


2012・11/18

 先日、唐突に川添史郎という僕の魂の父親の話しをしましたが、いつも僕の中に居る人なので少し説明しましょう。
 ほんとはもう一人いますが、その人はまたの機会に。
 幕末の時代、土佐藩の家老で後藤象二郎という人が居て大政奉還の立役者でしたが、その後藤象二郎のお孫さんにあたります。
 1歳の時に川添伯爵の家に養子に出され、川添家で育ったそうです。
 若い時はパリに留学し、カメラマンになるまえのロバート・キャパが一番の親友だったようです。
 戦時中 高松宮に呼び戻され、高輪郭の運営と万博など世界規模の文化事業をされていました。
 戦時中は高松宮と昭和天皇のプロフェッサーだったのだと思いますが、
 中小路 彰翁とともに停戦にむけ、敗戦かな、尽力してくれたようです。
 それがなかったら日本中 全滅していたかも。
 すごい父でしょ ・・ 見た目はまさにロマンスグレーの紳士という感じで、
 45年も前にメタリックグレーのポルシェに乗って、ときおり若い女の子をナンパなどしていたようです。
 俺は若い女の子にももてるんだと自慢たらたらでした。
 あるとき、井上 順さんが可愛い女の子と知り合いになり、彼女のアパートへいったところ、
 パパの写真が飾ってあったそうで、これはまずいと逃げたそうです。 本当にもてていたのでしょう。
 かなり脱線しましたが戻ります。
 やはりダイエットに運動は不可欠と思います。かといって あまり頑張ると続きません。
 嫌なときやどうしても気の乗らない時は やめた方がいいでしょう。
 運動を好きになるように、自分の心と体をコントロールしてください。
 参考になるか分かりませんが、僕の場合をもう一度書き出してみます。
 まず、トレーニングウエアーのウエストをギュッとしめます。
 普通だと苦しいぐらいでウオーキングに出ます。
 お尻の穴を締め、背筋をたて 胸を張り、ウエストが苦しくないようにお腹をひっこめます。 呼吸は鼻でします。
 始めは普通の歩幅で、テンポが出て来たら少しづつ歩幅を大きくします。
 お腹が苦しくないようならドローイングができています。
 僕の場合、慣れて来ているのでかなり早いスピードです。 ゆっくりなランニングぐらいです。
 それにスロージョギングをまぜます。 疲れたらウオーキングにもどします。朝1時間、夜1時間ぐらいです。
 ついでに頭と心の整理をします。
 ステロイド治療でだいぶ休んでいましたが、メタボなお腹などみるみるひっこんでいきます。
 慣れるとなにも辛くはありません。むしろ体と心がシャキッとして嬉しいですよ。
 やはり最近、かなりトレーニングマニアになっているようです。

2012・1/6

 前回は僕の大好きだった川添史郎さんの話しをしましたが、今回は僕の母の話しを少ししようかと思っています。
 母は台湾で生まれました。
 祖父が鉄道員で、 明治から大正時代と思いますが、自分のプロジェクトチームを作って、
 現地の労働力を使い台湾に線路を敷いては駅を作り、一周して台湾鉄道の総督になり
 引退後は京都で楽隠居をしていたようです。
 祖母に昔から、いまだに基本的なレールは自分と祖父とで敷いたもので 一度台湾に行って来なさい
 と云われていましたが、まだ実現していません。
 祖母がそのころの大変だった事を話してくれましたが、一番の難所で高砂族を人夫に雇い 路線工事をやっていると、
 時々人夫同士のもめ事があり、首無し死体がよくでたそうです。 祖母はさぞ怖かったことでしょう。
 母は二人姉妹です。下に叔母が一人います。
 母のプロデュースの力と思っていますが、衆議院議員を何期か勤め今は引退しています。
 戦時中、師範学校を卒業して、いまの高校生ぐらいの子供達に歴史を教えていました。
 母のことですから自分の教え子たちが可愛くてしょうがなかったでしょう。
 徐々に戦時状況は悪化、日本は追いつめられていきました。
 後半になると毎月のように教え子達の戦死が伝えられたそうです。
 母にとってとんでもない哀しみの時だったでしょう。
 B29が京都上空を飛び交っている時、もうどうでもいいやと京都アリーナで一人スケートをしていたそうです。
 戦後は民主教育運動と日本母親大会の事務局長を続けていました。
 母親大会は今も全国的にありますので興味のある方は検索してみてください。
 おかげで僕は子供の頃、鍵っ子でいつも一人でいたような記憶があります。
 おかげで今も一人でいることは何の不便も感じませんが、
 子供の頃はストレスが溜まっていたのか、癇癪持ちで毎日けんかばかりしていました。
 弱い者いじめはしたことはありません。
 いじめっ子をみつけてはスポーツの様にけんかをしていました。
 母は毎日の様に菓子折りを持って謝りに行っていましたが、僕が悪いのではないというと笑って 解っている と言っていました。
 今思うと とんでもないわんぱくだったのですが、ある日母に、僕を叱ったことがないけど、どうしてかと聞いたところ、
 あなたを信じているから と云われました。 いまだ忘れられない母の言葉でした。
 普通ではない母でしたが、子供の頃から母のことは理解できていました。
 母ももちろん僕のいちばんの理解者でした。  今も時々話しをします。


2012・1/23
 少し時間が空いてしまいました。
 実のところ、季節柄 少々物思いに耽っていたら、気が付いた時は酷い鬱になっていました。
 体も具合が悪くなりどうにもならない状態で、自己管理には人一倍気をつけているはずなのに
 改めて自己コントロールの難しさを思い知りました。
 昔、白隠という偉い禅修行僧の人がいて“禅の極みも自己との戦いにつきる”ようなことを云っています。
 そういえば僕の名前は克己 こっき、とも読めます。 己を克服するという意味です。
 そのせいか、子供の頃から己を克服するというテーマとは ずーっと悪戦苦闘、七転八倒しています。
 母も過酷な名を付けてくれたもんです。
 無神論者の僕が 神様か仏様にでもならないかぎりムリだね と思うこと頻りです。
 それはそうと 寒くなりだすと毎年鍋用のポン酢を自作します。
 売り物のポン酢ではどうにも気に入らないからです。
 順序などおかまいなく、昆布・鰹節・醤油・酒・ミリン・米酢(穀物酢はいけません)・砂糖少々 
 それ等を大きな鍋に入れて時々火を通し、2、3週間後、三角コーナー用ストッキングタイプの
水切りネットに入れ絞ります。
 昆布のとろみなど出て、ため息のでるほど まいうー なポン酢ができます。
 水炊きなど鍋には最高です。ぜひ ぜひ やってみてください。

 
INDEXへ Live/Event 2012へ Live/Event 2013へ