脚本・作詞
ジェローム・ラグニ
ジェームス・ラド


音楽
ガルト・マグダーモット

プロデューサー
ベルトランド・キャステリ

演出
ジム・シャーマン

音楽監督
ダニー・ハート

専任プロデューサー

川添象多郎

制作
寺川知男

原作翻訳-日本版 寺田 稔・小野康彦・野村威温
歌詞翻訳-日本版 川添象多郎・加橋かつみ・寺田 稔


オリジナル制作
マイケル・バトラー

オリジナル演出
トム・オホーガン

オリジナル振付
ジュリー・アレナル

レコーディング・プロデューサー
石島 稔・ロビー和田

レコーディング・エンジニア
内沼映二

キャスト
クロード
加橋かつみ
クロード芹沢
バーガー
寺田稔
深水龍作
シェイラ
芝美紀子
松本洋子
ウーフ
大野真澄
堀内麻九
ジェニー
山田泰美
青野美穂
クリシー
三宅光子
広城さよ
ハッド
アイザック・クレイ
チェット・フォーチュン
※以上ダブルキャスト

トライブ(部族)男の子達
シーユー・チェン
小坂 忠
ボブ・エティエン
宮下 文夫
相良 好章
諸岡 均
岡田 ポール
西村 泰
トライブ(部族)女の子達
萩 かづこ
山村 真理
グレタ・スチュワート
坂本 めぐみ
増田 光子
シシリア・ノーフリート
海藤 和

ちょうどアルバム (パリ1969) をレコーディングしてた時に バークレー・レコードのディレクターにフランスの「ヘアー」 のリハーサルを観に行かないかと誘われ、川添象多郎氏 と客席で観ていた。そこに「ヘアー」のプロデューサーの ベルトランド・キャステリがいて話をしているうちに東京で 「ヘアー」をやってくれないかという話しになって、パリの リハーサルには1ヶ月くらい一緒にリハーサルをしていた。
1969.12
★「ヘアー」〜日本オリジナルキャストレコーディング
Side 1/

アクエリアス(輝く星座)=チェット・フォーチュンとトライブ=
ドナ =寺田 稔とトライブ=
マンチェスター・イングランド =クロード芹沢とトライブ=
僕は黒い〜何もない
 =トライブ〜トライブ=
デッド・エンド =チェット・フォーチュン、アイザック・クレイ、ボブ・エティエン、グレタ・スチュワート、シシリア・ノーフリート=
シェイラ・フランクリン〜煙もない〜空気 =トライブ〜トライブ〜山田泰美とトライブ=
僕には命がある =クロード芹沢とトライブ=
ヘアー =クロード芹沢、寺田 稔とトライブ=
フランク・ミルズ =三宅光子=
ビー・イン(ハレ・クリシナ) =トライブ=

Side 2/ どこへ行く =加橋かつみとトライブ=
エレクトリック・ブルース =トライブ=
ゴーイング・ダウン =深水龍作とトライブ=
宇宙を歩いて =トライブ=
3-5-0-0〜人のすべて =トライブ〜チェット・フォーチュンと堀内麻九=
グッド・モーニング・スターシャイン =トライブ=
フレッシュ・フェイリュア(輝け太陽) =加橋かつみとトライブ=